お助け!債務整理

自己破産後でブラックリストに載る期間は5~10年

自己破産の手続きが完了すれば借金はなくなりますが、約5~10年の期間、いわゆる「ブラックリスト」の制限を受けます。

自己破産で載るブラックリストとは

自己破産をすると「信用情報機関」に情報が登録され、信用が必要な取引にいくつかの制限を受けることになります。
この状態は「ブラックリストに載る」という言い方もされます。
信用情報機関とは銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している機関で、お金を貸す相手の返済能力をチェックするために、クレジットカードの利用状況や借金の状況などの情報を集めています。
信用情報機関に自己破産の情報が登録されると、加盟している会社がその情報を閲覧できるようになり、どの会社でも以下のような取引ができなくなります。

・クレジットカードの利用や新規作成
スマホ購入時などの分割払い
新規に借金をすること(ローンも含む)
借金の保証人になること

ブラックリストが解除されるまでの期間

ブラックリスト状態は永久に続くものではありません。
約5~10年の期間が過ぎると、信用情報機関に登録された自己破産の情報が削除され、元のようにクレジットカードの利用などができるようになります。
ただし、ブラックリストが解除されても特に通知が来るわけではありません。
そのため、ブラックリストが解除されたか確認したいという人は、信用情報機関であるJICC・CIC・JBA(KSC)に信用情報の開示請求をしてください。
信用情報の開示請求は、JICCとCICがインターネット・郵送・窓口、JBAが窓口のみで受け付けています。
なお、信用情報の開示請求には500~1000円の手数料がかかります。

まとめ

・自己破産後は約5~10年の期間、ブラックリストに載って取引に制限を受ける