お助け!債務整理

住宅ローンが払えないときに自己破産するとどうなる?

「住宅ローンが払えなくなったら自己破産できる?」
「住宅ローン完済前に自己破産しても大丈夫なの?」

住宅ローンは人生最大の借金となることも多いですが、払えなくなってしまった場合は自己破産をして返済義務をなくすことができます。
ここでは、住宅ローン完済前に自己破産をするとどのような結果になるのかを説明していきます。

住宅ローンが払えない場合は自己破産すると借金がなくなる

自己破産とは、裁判所に申し立てをすることで、借金をすべて0円にしてもらうことができる債務整理です
住宅ローンというと数千万円という大きな借金であることが多いため、「こんなに大きな借金が本当になくなるの?」と思ってしまうかもしれませんが、自己破産では扱える金額の上限はありません。
借金が1000万円であっても、1億円であっても、自己破産が認められれば借金は0円にしてもらえるのです。

住宅ローンが払えずに自己破産すると財産が処分される

自己破産では借金をなくすことができますが、代わりに財産をほとんどすべて処分しなければならないという決まりがあります。
処分しなければならない財産には、現金・預金・有価証券・土地・建物・車・バイク・退職金見込額・保険の解約払戻金など、20万円以上の価値があるものがほとんどすべて含まれます。
ただし、自己破産では生活に必要な最低限の財産を「自由財産」として手元に残すことが認められています。
そのため、99万円以下の現金と、家具家電・衣類や寝具といった生活必需品は、自己破産しても処分されません。
つまり、自己破産をすると財産は処分されるものの、一文無しにはならないということなので、その点は安心してください。

住宅ローンが払えずに自己破産すると家は失う

債務整理として自己破産を選んだ場合、住宅ローンが残っていてもいなくても、家は失うことになります。
自己破産では家が財産とみなされるため、売却処分されてその売上がお金を借りた会社に配当として配られることになるのです。
残念ながら自己破産で家がなくなるのは絶対に避けられないので、自己破産をした人は賃貸物件に引っ越すことになります。
もちろん、自己破産をしたからといって賃貸契約がしづらくなるということはないので安心してください。
ただし、賃貸契約のときに利用できる家賃保証会社の中には、自己破産後だと審査に落ちやすくなるものもあります。
その場合は、不動産会社と相談して他の家賃保証会社を利用させてもらうといいですよ。

まとめ

・住宅ローンが払えずに自己破産すると借金がなくなる。
・自己破産では財産が処分されるが、99万円以下の現金と生活必需品は残せる。
・自己破産すると家を失うので賃貸物件に引っ越すことになる。
・住宅ローン返済中の人が自己破産すると管財事件になる。