お助け!債務整理

自己破産するときは任意売却した方が良い?

「自己破産のときって家を任意売却したほうがいいの?」
「自己破産するのに家を任意売却するメリットは何?」

自己破産すると家が処分されることになりますが、「任意売却をするといい」という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

任意売却とは不動産会社に依頼して任意で家を売却処分することですが、自己破産前に任意売却すると大きなメリットが3つあります。

そのため、実は自己破産をする場合でも任意売却をした方が良いのです。

ここでは、なぜ自己破産前に任意売却をした方が良いのか、理由を説明していきます。

自己破産するなら任意売却した方が良い!その理由は?

自己破産とは、裁判所に申し立てて家などの財産を処分する代わりに、借金を0円にしてもらうことができる債務整理です。

一方、任意売却とは、不動産会社に依頼して任意で家を売却することをいいます。

持ち家がある人の場合、自己破産をすると家が競売にかけられて処分されることになりますが、3つのメリットがあるため、自己破産するときは任意売却した方が良いといえるのです。

自己破産しなくてよくなるパターンもある

借金の返済が苦しくて「もう自己破産するしかない」と思うような状況でも、任意売却で家を売却処分することで、自己破産が必要なくなるケースは多くあります。

まず、借金額以上の金額で家が売れれば、借金が完済となり、差額を受け取ることができます。

また、借金額より家の売上の方が小さかった場合でも、借金の残高によっては自己破産でなく任意整理で済むことがあります。

例えば、借金が1200万円ある人が任意売却をした場合、売上が1200万円以上なら、借金が完済となって差額を受け取ることができます。

もし、家の売上が1000万円だった場合は、借金の残高は200万円となりますが、「その金額なら任意整理でなんとかなる」という人であれば、自己破産よりも少ないデメリットで借金を完済できるというわけです。

自己破産の手続きが簡単なものになる

自己破産では、財産が何もない人は「同時廃止」、家などの財産がある人は「管財事件」という手続きを行うことになります。

例えば、住宅ローンの残高が1000万円の家を持っていて、住宅ローン以外の借金が500万円ある人の場合、任意売却した売上が900万円だったとすると、結果として600万円の借金が残ります。

この場合、家以外の財産が何もなければ同時廃止の手続きをとることになります。

一方、任意売却をしなかった場合は、900万円の家という財産があるため、管財事件の手続きをとらなければなりません。

費用面をみると、同時廃止なら30万円程度で済みますが、管財事件だと70万円を超えることも多いです。

また、手続きにかかる期間についても、同時廃止なら3カ月程度で済むところが、管財事件だと6~12カ月程度かかってしまいます。

つまり、任意売却によって手続きが同時廃止で済めば、費用を安く抑えることができ、かかる期間も短くて済むということです。

引っ越しの費用を売上から出せる

自己破産すると財産が処分されて家がなくなるので、賃貸物件に引っ越す必要が出てきます。

引っ越しの費用を自分で負担することになると、自己破産後の家計に影響が出てしまいますよね。

しかし、自己破産を申し立てる前に家を任意売却した場合は、引っ越しの費用を家の売上から出すことが認めてもらえるのです。

任意売却後に自己破産をすることになった場合でも、自己破産後の生活再建がより楽になるということです。

まとめ

・自己破産前に任意売却をすると、家の売上によっては自己破産が必要なくなる
・任意売却しても借金が残る場合、家以外に財産がなければ同時廃止で自己破産できる
・自己破産前に任意売却をすれば、引っ越しの費用を売上から出せる