お助け!債務整理

同棲中の婚約者に知られずに債務整理はできる?

同棲中の彼氏や彼女に借金のことは知られたくない…結婚までに内緒で債務整理できる方法はないだろうかとお悩みの方も多いでしょう。
同棲中の婚約者に知れられずに債務整理する方法とその注意点について、簡単に説明します。

弁護士へ依頼した時点で催促は止まる

借金を滞納すると、債権者から督促の電話や手紙が来ます。
同棲中の婚約者に郵便を見られて、借金を知られてしまうというケースは多々あります。

しかし、債務整理を弁護士等に依頼し、受任通知が債権者に送られた時点で、債権者からの直接の催促はできない仕組みになっています。
債務整理に関する債権者や裁判所等からの連絡も弁護士を通して行われるので、婚約者にバレにくくなります。

特に任意整理であれば、裁判所へ行く必要もなく、手続きも比較的簡単で、費用も安く済みます。財産を処分する必要もありません。
弁護士へ丸投げしておけば、婚約者にバレる可能性がグッと下がるでしょう。弁護士との連絡方法にさえ気を配っておけば大丈夫です。

債務整理後に注意すべきこと

債務整理後にも、同棲中の婚約者にバレないためには、以下のことに注意が必要です。

まず、任意整理や個人再生では、債務整理後も月々の返済が続きます。
3〜5年間は貯金が難しいでしょう。結婚式や車の購入など大きな出費はできないかも知れません。債務整理後は、婚約者にも節約生活に協力してもらわなければならないでしょう。

また、債務整理をすると、任意整理の場合は約5年、個人再生・自己破産の場合は約5〜10年間、ブラックリスト状態となります。
ブラックリスト期間中は、住宅や車のローンを組んだり、クレジットカードを利用したりすることができません。

クレジットカードが急に使えなくなると、婚約者に怪しまれる可能性があるでしょう。
また、結婚して車や住宅を持とうとしても、自分名義のローンは組めず、連帯保証人になることもできません。

ただし、債務整理によって婚約者の信用情報にまで傷がつくことないので安心してください。

このように、債務整理によって同棲中の婚約者へ間接的な影響はあります。
結婚前の同棲中に借金を整理することは大切です。ですが、全てを秘密にすることは、今後の生活も含め苦しい部分があるようです。

まとめ

同棲中の婚約者にバレずに借金を整理したいなら、すぐに債務整理にとりかかりましょう。
債務整理を弁護士へ依頼すると、債権者からの直接の催促は止まります。
任意整理を選ぶと、弁護士へ丸投げでき、バレる可能性は低くなるでしょう。
債務整理後、婚約者への間接的な影響はあるので、隠し通すのは難しいかも知れません。