お助け!債務整理

債務整理にボーナス払いを組み入れてもよい?

債務整理後の支払いに、ボーナス払いを組み入れることはできるのでしょうか?
結論から言うと、ボーナス払いを組み入れることは可能ですが、なるべく避けた方が賢明です。
ここでは、債務整理後の返済にボーナス払いを組み入れるメリット・デメリットについて、簡単に説明します。

返済は必ずできる範囲で

債務整理の中でも、任意整理や個人再生を選択した場合、債務整理後も借金の支払いが続きます。
毎月の返済額は、現在の月収に基づいて、返済計画を練っていきます。

そこにボーナス払いを組み入れることは、理論上可能です。
ボーナス払いを組み入れると、一見、返済額が増え、完済の時期が早まると思えるかも知れません。

しかし、ボーナスは変動が大きく、会社の状況によってはカットされることもあります。
ボーナスが払われなくなり、任意整理や個人再生後に返済を滞納してしまうと、最悪の場合、自己破産に切り替えなくてはならない事態になります。

ですから、毎月の返済額は、ボーナスがもらえなかったと想定した上で、現在の月収の中から必ず支払える範囲で調整しなければなりません。

ボーナスは急な出費に備えて貯金する

任意整理や個人再生の返済中にボーナスが手に入ったら、急な出費に備えて貯蓄をするようにしましょう。
債務整理後はブラックリスト入りしており、クレジットカードやローン等での買い物ができません。基本的には現金一括払いになります。
そのため、できるだけ現金を手元に残しておくことが大切です。
こうした事態に備えるためにも、ボーナス払いを利用するのは、避けた方が良いでしょう。

もし返済中に余裕ができたならば、その月から返済額を増やすという対応も可能です。
しかし、その逆は簡単ではありません。返済額を減らし返済回数を伸ばすとなると、債権者と再交渉をしなければならないからです。

当たり前ですが、債務整理後は、借金に利息がつくことはありません。どうせ債務整理を利用するのであれば、返済期限を目一杯伸ばし、月々の返済額が少なくなるように交渉しましょう。そうすれば、後の生活が楽になるでしょう。

まとめ

ボーナスは変動が大きいため、債務整理後の返済にボーナス払いを組み入れるのは避けた方が良いでしょう。
債務整理後は、クレジットカードやローンが利用できないので、まとまった現金が必要となった時に備え、ボーナスを貯蓄しておきましょう。