お助け!債務整理

友人の借金がある場合、債務整理で迷惑をかけない方法

友人から借金をしているが、債務整理で迷惑をかけたくないと考える人も多いでしょう。

そんな時には、友人の借金を除いて債務整理する方法があります。

ここでは、債務整理をする際に、友人の借金がある場合の対策などについて、簡単にまとめます。

友人の借金があるときも、債務整理はできるのか?

友人からの借金であっても、債務整理で解決することは可能です。
ですが、わざわざ債務整理という法的手続きをとらなくても、友人であれば直接借金の猶予や減額をお願いできるかもしれません。
むしろ友人の借金を債務整理する方が、間に弁護士や司法書士が入ることになり、友人との人間関係がギクシャクする可能性が高いでしょう。

後々の人間関係のためにも、友人からの借金はできるだけ債務整理せず、きちんと話し合って返済をしたいところです。

友人に迷惑をかけずに債務整理する方法

では、友人からの借金をきちんと返済して、債務整理もできる方法はあるのでしょうか?

次の2通りのパターンが考えられます。

任意整理で友人の借金を除外する。
自己破産・個人再生後に友人の借金を返済する。

任意整理では、特定の借金だけ整理の対象から除くことができます。
友人の借金を除くその他の借金を任意整理して、友人の借金だけ返済を続けるということが可能です。
その他の借金の利息カットや長期分割払いのおかげで、友人の借金も返済しやすくなるでしょう。

他方、自己破産や個人再生では、任意整理のように特定の借金だけ除外することはできません。全ての借金を裁判所へ申告する必要があります。
友人の借金だからと申告せずにいると、認可が下りない事態になりかねません。

また、友人の借金だけ先に返済することも禁止されています。
自己破産や個人再生では、全ての債権者を平等に扱わなくてはならないからです。
友人の借金も他の借金と同様、減額や免除の対象となります。

ですが、自己破産・個人再生後(個人再生の場合は返済完了後)に、返済義務のなくなった借金を返済することは禁止されていません。
そのため、友人の借金だけ後から返済することも可能となります。

債務整理をして身軽になった後に、改めて友人の借金はきちんと返すというケースも多いです。

まとめ

友人の借金がある時、友人との関係性が悪くならないようできる限り返済をする方が良いでしょう。
債務整理をする場合は、任意整理で友人の借金だけ整理の対象から除外するか、自己破産・個人再生後に友人の借金だけ返済する方法をとると、友人に迷惑をかけないで済みます。