お助け!債務整理

生活保護受給中に債務整理はできるか?

生活保護受給中であるが、借金があり、債務整理を検討しているという方も多いでしょう。
生活保護の受給中であれば、自己破産を利用した債務整理をすることをおすすめします。
ここでは、生活保護受給中の債務整理について、簡単に説明します。

生活保護と自己破産は別制度で両立可能

生活保護受給中に、借金問題を解決したい場合、自己破産を検討すべきでしょう。
生活保護費を借金の返済に充てることは認められないので、任意整理や個人再生後の返済を生活保護費でまかなうことはできないからです。

もし、生活保護費を借金返済に充てていることが発覚した場合、生活保護を打ち切られる可能性があります。
生活保護を受けるためには、収入だけでなく預貯金なども調査の対象になります。
黙っていればバレないと思って、生活保護費から返済をすると、銀行口座に記録が残るため簡単に調べられてしまいます。
生活保護費から借金を返済することは絶対にやめましょう。

一方で、自己破産が認められる要件は、大まかに言うと、「借金が払えない状態にあること」と「借金をした理由や人格に問題がないこと」の2点です。
これらの条件が満たされていれば、生活保護制度と同時に利用することは、なんら問題がありません。どちらも、条件さえ満たしていれば、誰でも利用することができます。

むしろ、生活保護受給者の場合は、生活に困窮するほど収入が少ないので、自己破産の申し立てを認められやすいでしょう。

生活保護受給者は自己破産の費用が免除される

自己破産をするには、弁護士や裁判所へ支払う費用がかかります。
そもそもお金に困っている生活保護受給者が、自己破産にかかる費用を用意するのは困難でしょう。この場合、「法テラス」を利用することをおすすめします。

法テラスは国が設立した司法支援を行う機関で、弁護士費用等の立て替えを行っています。

破産手続きが終了した時点で生活保護を受給していれば、弁護士費用を全て免除してもらえます。
また、裁判費用も以前は自己負担でしたが、近年、立て替えが可能になりました。手続き後も生活保護を受給していた場合は、返金が免除になります。

したがって、生活保護受給者が自己破産をする場合、法テラスは必ず利用した方が良いでしょう。
ただし、破産手続き終了までに生活保護から外れる場合、立て替え金は法テラスへ返金しなければならいので注意が必要です。

まとめ

生活保護受給中であっても、債務整理は可能です。生活保護費から借金の返済はできないので、自己破産を利用しましょう。
法テラスを利用して自己破産をすれば、弁護士や裁判所へ払う費用が免除になります。